久保田工務店/岐阜県揖斐川町の土木・建築施工管理会社

最新情報

中部大学生のインターンシップを行いました。

8月21日から9月1日までの10日間、中部大学3年の山田真平君が、当社でインターンシップを行いました。

②DSCN3414

現場パトロール(はぜ原その2)

③DSCN3418

現場パトロール(ナンノ谷)

④DSCN3426

村木係長講義

⑤DSCN3428

デスクワーク

⑥DSCN3431

房島幼児園を見学

⑦DSCN3453

測量体験

⑧DSCN3463

経営者による講義

①DSCN3412

朝礼

 

 

 

 

 

 

⑨DSCN3464

記念撮影

 

 

 

 

 

 

【目的・要望】
①実際の業務体験を通して、建築施工管理について知りたい。
②自分の専門的な知識(製図、構造計算)を試してみたい。

【カリキュラム】※目標設定に応じて
①自己理解、業界理解
◆CUBIC・エゴグラムを実施し、適正分析を行う。
◆建設業の役割、業界の将来性、法律を学ぶ。

②会社理解、経営理解、人間関係
◆経営理念・将来展望・労働条件について、経営者より話を聞く。
◆会社が求める人物像について学ぶ。
◆人・インフラストラクチャー(モノ)・資金について学ぶ。
◆工務部フロアーにてデスクワークをしながら、会社の生の雰囲気を知る。
◆いろんな社員との会話を通じ、コミュニケーションを図り、職場における人間関係を学ぶ。

③現場見学・実習(社員と行動を共にし、実際の仕事を体験する)
◆現場パトロールに同行し工事現場を見学、測量体験をする。
◆業務プロセスの理解、デキスパートを利用しデモンストレーションを行う。
◆建築に特化し、工種、用語、業務の流れ、法的規則・用語、施工管理(現場運営)の実務について学ぶ。

④職業観養成
◆目標達成度、反省点を振り返り、今後の進路選択への活かし方を考える。
◆マイナビ、総合資格学院、経営者と話すことで、より詳しい情報やなどを知る。

【インターンシップを終えて】
建築の施工管理について学びたいと、山田君自身で当社を探し、希望してくれました。あいにく施工中の建築現場の実習はできず、至らなかった点もありますが、当社にとっても貴重な経験となりました。今後も大学生のインターンシップを積極的に取り組んでいきたいと思います。
山田君は真面目で飲み込みも早く、意欲的に行動できるので、村木係長も絶賛しており、是非当社へ来てほしいと願っています。今後の大学生活も、大いに学び、活動し、楽しんでください。
また、インターンシップにご協力の社員の皆さん、お疲れ様でした。