採用エントリー

現場監督を知る/Site Supervisor

現場監督は、指示を出しているだけではありません。一つの工事に、現場監督が行わなければならない仕事はさまざま。
ここでは、現場監督が行う仕事の流れを紹介します。企業サイトの「施工管理について」でも現場監督が行う仕事を紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

work flow:現場監督の仕事の流れ

  • 工事受注
  • 施工開始
  • 完成検査

Scene01:工事受注

WORK01:施工計画書の作成

工事開始に必要な書類や図面・計算書を作成、提出します

工事を受注して最初に行うことは、「施工計画書」の作成です。作業工程や品質、作業現場の安全面にも配慮した、具体的な計画書作りが求められます。工事現場に即した施工計画書であるかを、発注者に確認してもらい工事を進めます。

施工計画書

WORK02:地元説明会の実施

地元の方々の協力と理解あっての工事です

発注者側の担当者と一緒に、工事現場の地元住民に対して工事の説明会を行います。地元の方々の理解があっての工事となりますので、分かりやすく説明することを心掛けます。

地元説明会

WORK03:現場の測量・丁張り

設計図に基づいて、現場に位置や高さを明示します

先ずは基準点を決めて、図面で決められた構造物の高さや位置取りを測器を使用して正確に測量していきます。測量ミスは許されませんので、慎重に確認しながら行います。正確に測量できたら、木の杭や板などを使用して目に見えるように丁張りを行います。

現場の測量

Scene02:施工開始

WORK04:工程管理

決められた工期に工事を完了させます

施工が始める前に、作業内容を拾い出し、作業内容ごとに必要となる材料、日数、人数、機材などを割り出して工程表を作成しますが、実際の現場で工程表通りに工事が進むことはまずありません。天候不順や作業ロスなどのトラブル等の問題があり、適時工程表を見直しながら、工事は進んでいきます。

工程表

WORK05:安全管理

安全第一。現場で働く人たちの安全を守ります

労働安全衛生法に基づいた作業環境が整っているか、目配りします。社内の安全衛生担当者が行う月1回の安全パトロールや、協力会社と共同で行うパトロールを通して、客観的な視点からも現場の安全衛生を担保します。

安全管理

WORK06:品質管理

現場で使用する生コンなどの材料が基準内の品質を満たしているか確認します

発注者の立会いの下、コンクリートなどの使用材料の品質について十分な検討とチェックが行われます。
スランプや圧縮強度などのコンクリート試験の結果報告を発注者に対して行い、発注者が満足しうる品質、規格等を明示します。

品質を試験してきちんと管理します

WORK07:出来形管理

完成した構造物の寸法を測定し、図表化します

完成した建設物が求められる規定値を満たしているかどうかを測定し、工事を発注して頂いた方に図や表に纏め報告するといった一連の業務が出来形管理です。

出来形管理

WORK08:原価管理

目標とする利益を確保できるかが腕の見せ所です

実行予算に基づき、出来高と進捗率を常に把握します。工事案件ごとに、目標とする利益率が確保できそうかどうか、工事に直接かかわる費用(材料費、人件費、外注費など)と、工事を行うにあたって発生する経費(仮設工事やその他付随費用)などに細分化して、日々発生した費用を費目別に正確に管理するようにします。

原価管理

Scene03:完成検査

構造物が設計図に求められる仕様通りに出来上がっているか、施工計画書通りに工事が進められていたか、品質や出来高を証明する書類がまとめられているかなどを検査します。

完成した構造物を現地確認で検査してもらいます。

他の久保田工務店を知るを見る